ハローアウトドアのキャンプとアウトドアの豆知識では楽しくケガの無い休日を過す為の心がけ

ハローアウトドアのトップページに戻る

キャンプとアウトドアの豆知識

お酒について!

大人になれば、キャンプやバーべキューと言えば必ず付いて来る物、アルコールだと思います。
自然の中で、仲間達や家族で過す時に自分の飲めるお酒の量を超えてついつい飲みすぎてしまいます。

お酒を飲みなれた、大人でも何時もよりも飲んでしまいます、若い人たちや本当はまだお酒を飲める年齢では、
無い人たちにもついつい勧めてしまう、自分も反省しなければいけない事もあります。

飲みすぎた、と言うより急性アルコール中毒、又はそれに近い状態になってしまう事もテレビのニュースなどで報道されていますが、頭の隅にでも入れておけば、大事に至らない豆知識を書きます。

用意するものは、スポーツ飲料(ローカロリーの飲料が良いと言われていますが)と角砂糖。
急性アルコール中毒、又はそれに近い状態になった時は、救急車を呼ばなければいけませんが、まずスポーツ飲料を吐くまで飲ます、次に吐いたら角砂糖とスポーツ飲料を又、吐くまで飲ます軽い症状ならこれで平常に戻ります。(直ぐではないので安心せずに適切な処置を医師の元で)
病院でしてくれる、胃の洗浄と点滴の役目が角砂糖とスポーツ飲料です(水はだめ体に吸収されるスピードが遅い)
薬(絆創膏や包帯)などと同じ位、大切だと思います。

今の書き込みは、私の経験です救急車を呼ばなくて済みましたが、今はとても反省しています。
(リンクは私の好きな飲み物です。)


薬とケガについて!

「スポーツ中のケガの応急処置」

初期治療の重要性

スポーツには当然ケガはつきものです。緊急を要するものから比較的軽いものまでいろいろありますが、軽いものでも最初の治療を誤ると復帰が思わず長引くこともあります。急を要するものは的確に処置を行わなければなりません。
今回はスポーツの現場における応急処置について述べてみたいと思います。

頭部・顔面部の外傷

頭部や顔面部の外傷は、命に関わることもありますので特に注意が必要です。チェックする項目を述べます。

意識があるかどうか

ケガをした人とコンタクトできるかどうか確認します。一見意識があるように見えるが、よく話してみるとよくわからないことを言っていたり、自分が誰かわかってなかったりすることがあるので、注意深く観察します。
受傷時は意識がはっきりしているのに、あとで意識がなくなることもあります。硬膜外出血などを起こしていて、じわじわ頭の中で出血しているときに起こります。

(意識があるようでもはっきりしてないときがあります。けがを負った人が今、どこでなにをしているか理解しているか確認してください。)


   
麻痺がないか

手足に麻痺があれば、脳や脊髄の損傷が疑われます。麻痺がないようでも指鼻試験(自分の指を自分の鼻に持っていかせる)閉眼起立、片足立ちなどを行わせ平衡感覚がだいじょうぶか検査します。

出血がないか

 鼻出血・耳出血があり血に透明な液が混ざっていれば、髄液の流出を疑い頭蓋骨の骨折の可能性があります。
眼の回りに内出血があるときは、ものがしっかり見えるか確認します。視力が落ちているときには頭蓋骨の骨折があるときがあります。

痛み

激しい頭痛がいつまでも続くときも脳の損傷が疑われます。

応急処置について

以上の症状があれば直ちにCT装置があり、脳神経外科の診察ができるところに搬送しなければなりません。搬送できる状態になるまで安静とします。
呼吸や脈拍に異常があれば直ちに救急救命処置を行わなければなりません。

.熱・日射病
非常に暑いところで、スポーツ活動を行っていると起きやすくなります。上昇した体熱を下げるために皮膚や筋肉に血液が増加したため、頭などに血液が回らなくなりふらふらになったり(熱疲労)、汗で体の中の塩分が不足し、このため全身の筋肉がつりやすくなったりします(熱けいれん)。ひどくなるとショック状態となり、適切な処置をしないと死に至ることがあります(熱射病)。 

予防が大切で、夏場の運動など大量の汗がでることが予想されれば、あらかじめスポーツドリンクのようなミネラルを含んだ水分を補給しておくこと!!試合や練習で十分なパフォーマンスを発揮するためにも運動中にこまめに水分や塩分を補給することが必要です。
日射病が疑われたら着衣をゆるめ涼しいところで体を休めて水分を補給させます。もし循環障害や意識障害があれば直ちに適切な治療が必要になり早急に医師に見せなければなりません。
(十分なトレーニングができたり・試合で活躍 するためには、運動前・運動中・運動後に、こまめに水分を補給することが必要です。 ミネラル(塩分)の補給も忘れずに!)


4.首のケガ

コンタクトスポーツなどで、ひどく頸部を痛めたとき、手や背中の方に激痛が走ることがあると首の神経を痛めている可能性があり、病院で精密検査をする必要があります。

胸部・腹部打撲
 胸部の打撲で問題になるのは数カ所で肋骨が骨折すると肺が膨らまなくなり、呼吸困難になることがあります。腹部を打撲した後いつまでも強い痛みが持続するときは、内臓の損傷を疑わなければなりません。

出血

受傷部から血が出ているとあせってしまうものです。創部をよく観察し、適切な処置を行います。
@創部が土などでひどく汚れているときは、きれいな水などで軽く洗いその後消毒します。
A出血がひどいときは清潔なガーゼで、創部を圧迫します。かなり出血しているときでも4,5分圧迫していれば、大部分の出血は止まります。

まずは必ず圧迫止血法
B圧迫していても血がどんどん出てくるようなときは傷の心臓に近い方(上腕・大腿)を布などで縛ります。縛ったところより末梢は血液がいかなくなるので至急医師に見てもらわなければなりません。
       
圧迫止血法でも出血が止まらない 場合は、体に近い方を布などで縛る。
縛った所から先は血が行かなくなるので注意すること

骨折・脱臼

腫れや変形がひどいときは骨折・脱臼を疑います。骨折が疑われるときはそのまま安静にするか、もし固定できるようなものがあったら患部をそっと固定し、専門の医師に診てもらう必要があります。医学的知識がないのに整復操作を行うことは危険です

四肢の捻挫・打撲

RICEが原則
RICEが原則です。病院に来る患者を見ると湿布するだけの処置で来院する人が多いようです。末梢が、むくまない程度に包帯などで圧迫してやると後の治りが良くなります。
安冷圧挙 = RICE
R- Rest(安静)、I- Icing(冷却)、C- Compression(圧迫)、E- Elevation(挙上) 
患部を安静にします。病気の程度によって軽く動かして良いものからギプスなどで固定しなければならないこともあります。腫れを防ぐために冷却します(冷却しずぎて凍傷にならないように)。数日経って痛みが引いてくれば逆に暖めていきます。
腫れを防ぐためには、圧迫が大事だが行ってないことが多いなるべく心臓より上に上げておいた方が腫れが少ない。
特に足のケガは腫れやすいので、数日は挙上しておいた方が早く治る。
 
医師に見せる目安

腫れがあるようならレントゲンなどを撮った方がよいでしょう。痛みが強かったり動きが悪かったり力が入らなかったりすればやはり精密検査が必要になると思いますので早めに医師の診察を受けましょう。

家庭で出来る手当!(応急処置)

擦り傷の場合は

水道水でよく洗い流す。
洗ったら、消毒し、清潔なガーゼ等で覆い切り傷の場合は傷の中まで、汚れを流水で洗う。
傷の上に滅菌ガーゼを当て圧迫する。
心臓より傷口を高くすると止血しやすい。
滅菌ガーゼをあて、包帯やテープ等で押さえる。(何も無い場合はシャツやタオルでもかまわないと思います。) ポイントは消毒をしないことです。

消毒をしないと化膿しそうですが、もともと人間の体には化膿の増殖を防ぐ「常在菌」が多数生息しています。
消毒をすると、この常在菌まで殺菌してしまうことになりますので自然治癒力を活かすのが新しい治療方法です。

刺し傷の場合
消毒した針やピンセットで刺さった物を抜き傷の周囲を圧迫し少量血を絞り出す。
消毒して絆創膏を貼る。

( 擦り傷・切り傷・刺し傷いずれにおいても、傷口を乾燥させてはいけません。)



絆創膏を使用する際には、ガーゼのついた通常の救急絆創膏ではいけません。
今では、「傷口を乾燥させない」ための絆創膏が市販されていますので、そちらを選択しましょう。
また、傷口が大きくて、絆創膏が貼れないときにはラップを利用して乾燥を防ぐ手段もあります。
こんな時は病院へ

出血がひどい場合
傷の位置を確かめ、滅菌ガーゼなどで傷の上から圧迫する。
止まらないときは傷より心臓に近い動脈を圧迫する。(止血法) 傷口を心臓より高くし止血の手当をしたらすぐ病院へ連れていく。

ガラスや古クギが深く刺さっている場合 ガラスの破片は抜かずにそのまま病院へ連れていき、 細かいガラスの破片は、衣服・髪の毛はそっと払い落とし、皮膚はそのままにして病院へ連れていく。

古クギは(無理はしないで抜ければ)抜き、血を絞り出す。消毒はせずに、滅菌ガーゼをあてて病院へ連れていく。
傷口がジクジクしている場合 傷口がジクジクして治らないときは化膿しているかもしれないので、病院へ連れていく。


ハローアウトドア〜MENU
キャンプ場でのマナー キャンプ用品の豆知識 バーベキューの豆知識 アウトドアの豆知識
バックパッキング バックパッキングの地図 アウトドア用品は防災用品 フィールドの天気を予測
メンテナンスと保管 衣(衣類や履物) 食(食べ物を考える) 住(テントやタープ)
病気とケガ 天候と災害 ケガと薬 出発前の準備(メモ帳)
キャンプ場のマナー集 キャンプの疑問Q&A 伊勢海老釣り キャンプ用語の基礎知識
ボーイスカウトリンク ガールスカウトリンク OUTDOOR WEBRING what’s new!
アウトドアサーチ 全国のキャンプ施設 outdoor ring

 copyright (c) 2007-2009 ikushi yamashima
メールフォーム [サイトマップ]