ハローアウトドアのキャンプとアウトドアの快適に過す為の服装を考える



キャンプと衣

限られた装備の中から本当に必要な物を探し出し活用する!

アウトドアやキャンプでの服装など!

第一条件は、動きやすい事
フィットしているより伸び縮みするストレッチ素材が好ましい、オートキャンプではジーパン等でも問題ないと思いますが、いざ何か起きた時のために(大抵の場合は何もおきませんが!)動きやすく丈夫な素材の服装を常に用意していればよいと思います。

素材ですが、コットンが快適ですが、汗や雨などに濡れると途端に不快になりますのでかわりに利用されていますのが
化学繊維で出来た新素材のウエア等がありますが、機能的には優れていてもコットンにはかなわない。
(フリースなどの新素材は保温性に優れていますが、汗を吸わない等)

冬山等の条件が厳しく着替える事がむずかしい時には、新素材を使用し、春から秋にかけて容易に着替えられる環境にあるときは、着替えを用意しコットン製品を使用すると快適に過せると思います。

私の場合は、軍の払い下げ用品を好んで使用しています。
シャツやズボンやポンチョ等、色々な品物を使用していますが、その中でもイタリア軍払い下げのポンチョは性能がよく雨を寄せつけづ保温性に優れており、いざと言う時は1人用テントにもなります。

シャツなどもサイズが豊富で安価な製品が多数あります。
払い下げの品物は、アウトドア専用品には機能的にはとうていかないませんが(保温性やデザイン等そのた)
究極のサバイバル用品という目で見れば、これほど機能的で頑丈に作られている製品は少ないのでは無いかと思います。

アウトドアとキャンプでの靴!

1足ですべての状況に対応しているシューズは残念ながらいまだに無い状況です。
これに一番近くに対応しているのが、ゴアテックス素材のシューズではないかと思います。(高価な品物の方が良い商品が揃っているように感じます)
夏用や冬用に使い分けるや晴れや雨など状況に合わせて出発前にセレクトする以外に方法はありません

やはり夏用には、皮革と布の軽量タイプを、秋から冬用には皮革タイプを用意できれば、十分に対応出来るかと思います。

またキャンプサイトでもトレッキングシューズのままでは、足の休まる暇が無いので、ジョギングシューズやサンダルなどを用意していたい所です。

素材別の長所と短所

トレッキングシューズを選ぶ際に、まず第一のポイントとなるのが素材
そのシューズが何を素材として製作されているかによって使用目的が決まってきます、ここでは素材別の長所と短所それに素材による使用目的を考えて行きます。

皮革+布

現在のトレッキングシューズの主流。
軽く、通気性がいいためムレにくい、柔らかな履き心地で足えの馴染みも早い
反面、足の保護としては、頼りない面もあり防水性は表面の撥水効果のみと言う事で撥水効果がなくなれば、ゼロに等しい
使用範囲
春から秋にかけてのワンデイハイクや真夏のバックパッキング等の軽装のキャンプ

皮革+布(透湿性防水素材使用)ゴアテックス

皮革+布の長所はそのままに、これに防湿性を持たせた製品
表面は濡れてもインナーに装備されたゴアテックスにより水の浸入をシャットアウト、しかし真夏のトレッキングでは、ムレにくさでは皮革+布のタイプには一歩譲ります。
使用範囲
春から秋にかけての、ワンデイハイクやバックパッキング等オールシーズン使用できますが、雨や川などの水の心配のある軽装のキャンプなどに使用。

皮革

一口に皮革と言いましても表出し皮、裏出し皮(バックスキン)、スエード、ベロア等種類が豊富に有りますが
この中で一般的なのが、表出し皮タイプと裏出し皮タイプです。
機能的にはそれほど差はありませんが、表出し皮タイプの方は傷が目立つと言う短所があります。
足のムレ具合は皮革+布に比べれば、若干は高めになります。
使用範囲
バックパッキング(オールシーズン)長期のトレッキングや山岳キャンプ等のハードな使用に向いています。

皮革+ゴアテックス

防水性の高い皮革とゴアテックスを組み合わせた鬼に金棒タイプ。
価格もその分高価で重量もその分重く製作されています、その他内張りに使用されている素材にも注目
現在では、内張りにキャンブレル等の不燃布が使われているが、中には皮革を使用した製品もあります。
内張りが皮革タイプの製品はメンテナンスが大変と言う短所もあります。
使用範囲
バックパッキング(オールシーズン)使い分けをするなら冬用、特に雪山登山などのハードな使用を前提に製作された、あまり一般的では無いように感じます。
ハードキャンパーには必要品かも?
アウトドアとキャンプでの装備(服装と雨対策)

秋、冬、春の3シーズンを通して軽快に着る事の出来る、マウンテンパーカーは、色々なメーカーから発売されていますが、その長所と短所を少し書いて行こうと思います。

雨の日の視界に関しましてですが、マウンテンパーカーにはツバの広いタイプと狭いタイプが有りますが、
ツバの大き目のタイプは、雨や風から顔をガードしてくれますが、
その反面に上方の視界が妨げられると言う欠点があります。

小さめのタイプは上方の視界は良好なのですが、雨が侵入して来ると言う欠点があり、一概にはどちらが良いと言う事はいえない状況です、使う人の好みの問題ではないでしょうか?
どちらのタイプを選らぶにしても、体にフィットしている商品を選ぶのが先決です。

ブカブカのフードだと保温力は低下し風に飛ばされやすくフードとしての本来の機能が無効になってしまいます。

ジャケットはアウトドアウエアのメーカーから色々なタイプのウエアが発売されていますが、日常の生活でも使用できるデザインの物を選ぶのが正解では無いかと思います。

ウインドブレーカーは色々なメーカーから発売されていますが、お勧めは一般的なリップストップナイロンのタイプが敗れにくく長持ちすると思います。(値段とメーカーにより長持ちの期間はまちまちだと思いますが!)

私のお勧めはやはり、軍の払い下げの製品が良いと思いますが、どうしてもデザインは迷彩などになってしまいますが
デザインだけが、難点で耐久性は抜群だと思います。

ハローアウトドア〜MENU
キャンプ場でのマナー キャンプ用品の豆知識 バーベキューの豆知識 アウトドアの豆知識
バックパッキング バックパッキングの地図 アウトドア用品は防災用品 フィールドの天気を予測
メンテナンスと保管 衣(衣類や履物) 食(食べ物を考える) 住(テントやタープ)
病気とケガ 天候と災害 ケガと薬 出発前の準備(メモ帳)
キャンプ場のマナー集 キャンプの疑問Q&A 伊勢海老釣り キャンプ用語の基礎知識
ボーイスカウトリンク ガールスカウトリンク OUTDOOR WEBRING what’s new!
アウトドアサーチ 全国のキャンプ施設 outdoor ring

 copyright (c) 2007-2009 ikushi yamashima
メールフォーム [サイトマップ]