ハローアウトドアのトップページに戻る
ハローアウトドアのトップページに戻る
キャンプ用品 (マット)
ザック − コンロ - ランタン - シュラフ - マット - コッフェル - 食器
マット (デザイン)
地面の形状によって、マットをうまく使い分ける

マットと一口にいっても、エアタイプ、ロールタイプの2種類あります、長所と短所をそれぞれ持ち合わせどちらが優れているかは、一概には言えません
使う人の好みと、使用する環境により異なります。

エアータイプも大まかに分けて2種類あり、バルブを開けると自然にふくらむタイプと、浮き袋のように強制的に膨らますタイプがあります
どちらもタイプにも言えることですが、穴が開いてしまえば、その機能を果たさなくなり、
修理が必要になってしまいます。(修理道具などを携帯する必要がある)

ロールタイプのマットは、エアー漏れの心配から開放されますが、エアータイプと比べれば、性能は劣るものの、軽さと値段の安さが一番の魅力です。

最近では、ホームセンターなどで、ロールタイプのマットが500円前後でエアータイプのマットが2000円前後で販売されています。
(一昔前は、エアータイプのマットは10000円近くしました、一流のメーカー品ですが)

値段的に考えれば、2ッのマットを買い寝比べても良いのではないかと思います。
オートキャンプなど有る程度の荷物を運搬できる環境にあるならば、ロールタイプを下にしき、エアータイプを上に敷くと寝心地がとても良くなります。
私の場合は、最近はもっぱらオートキャンプですので、ロールタイプの下にテント一面にダンボールを敷いています
ダンボールのメリット
まずは、値段がタダ、ロールタイプと同じ位の弾力性がある(一晩のみ)、湿気を吸収してくれる(テントの撤収作業が楽)、いざと言う時の燃料代わりになる、など良い事が沢山有りますが
タダ一つのデメリットは、貧乏くさい所が気になります。(テントのなかに敷いてしまえばわかりませんが)

凸凹の付いたシンメトリック パターンは両面に施され保温高価とシュラフのズレを予防してくれる
エアータイプとロールタイプの中間に位置する商品だとおもいます。

シュラフ同様に収納時のサイズが重要なポイント (サイズ)

マットの収納サイズもパッキングに大きな影響を与えてくれます
行動範囲やどこでキャンプするかによっても変わります。

先に書いたように、オートキャンプなら問題にならない重量も、バックパッキングなら深刻な問題になり、頭を悩まします。

重量は圧倒的にロールタイプの方がかるくなりますが、寝心地を追求していけば、エアータイプ
そこでマットのもう一つの候補にあがってくるのが、半身タイプ

どうしても寝心地が良くなければ、寝られないという人は、半身タイプを選んでも良いのではないかと思います。
Coleman(コールマン) ニューインフレーターマット
収納サイズとマット全体のサイズのバランスをうまくとりながら、バックパッキングに適した物を選ぶのが大切かと思います。
半身用のメリットとして緊急時にポンチョの中に(背中とお尻)だけに敷き、ビバークする時に最適な大きさである

耐久性を十分にチエック (寿命)
ロゴス(LOGOS) アルミマット 100
マットにもそれぞれに寿命がある
メンテナンスしだいで、その寿命が延びるというものではないので、寝心地が悪くなってきたら、買い替えの時期だと思います。

私の場合は自動で膨らむエアータイプを15年ほど使用しましたが、今年のキャンプ時に突然、サイドのボンドがハズレ(1メートル位)マットとしての役目を終えました。

ロールタイプの場合は破れやへたりで直ぐにわかりますが、エアー式は注意が必要かと思います。

自動式のマットの兆候としまして、膨らみが悪くなってきたら、そろそろ買い替え時期では、ないでしょうか。
ザック − コンロ - ランタン - シュラフ - マット - コッフェル - 食器

ハローアウトドア〜MENU
キャンプ場でのマナー キャンプ用品の豆知識 バーベキューの豆知識 アウトドアの豆知識
バックパッキング バックパッキングの地図 アウトドア用品は防災用品 フィールドの天気を予測
メンテナンスと保管 衣(衣類や履物) 食(食べ物を考える) 住(テントやタープ)
病気とケガ 天候と災害 ケガと薬 出発前の準備(メモ帳)
キャンプ場のマナー集 キャンプの疑問Q&A 伊勢海老釣り キャンプ用語の基礎知識
ボーイスカウトリンク ガールスカウトリンク OUTDOOR WEBRING what’s new!
アウトドアサーチ 全国のキャンプ施設 outdoor ring
[サイトマップ] [サイトマップ2]

 copyright (c) 2007-2009 ikushi yamashima