ハローアウトドアのトップページに戻る
ハローアウトドアのトップページに戻る
富士山を眺めたい
どこから見てもきちんと富士になる

一度も登らぬなんとか、二度登るなんとか、といわれる富士だがあちこちから眺めるだけでも十二分に堪能できるのがこの山である。ハイキングがてら、方々から富士を目にするのもまた楽しい。

見るはよいよい昇はつらい

この国の山は数多くあれど、どこから眺めても、だれが眺めても、すぐにそれとわかる山はやはり富士山をおいてほかにはない、頂上の角度が118度〜124度、緩やかな八の字を描くその姿は美しく、独特である。
富士の展望台は、その周囲にたくさんある、北側には御坂(みさか)山塊、東に山中湖周辺の山々、南に愛鷹(あしたか)山塊、そして西側には天子(てんし)山塊があり、バラエティーにとんだ日帰りコースを数多く提供する。

富士山中腹、森林限界付近を歩いて富士の自然に触れて見るのもいい、河口湖口、富士山5合目から御庭をへて
大沢崩れの緑まで続く御中道は、紅葉や花の時期が楽しい。


富士スバルライン終点の5合目から吉田口6合目を経由して吉田口登山道を登る

通称「河口湖吉田口」は、交通の便のよさに加え、山頂まで20軒以上の山小屋があることから、
南面の富士宮口登山道とともに人気を2分
する。

シーズン中の混雑や人工物の多さに登山の趣は半減と言う声もあろうが、
反面、富士山入門者にとっては安全性も高く、上りやすいルートに有ることは間違いない。
じわりじわり、日本のいちばん高いところへ
第1日目
標高2300メートル、富士スバルラインの終点の富士5合目で身支度を整え、山腹をほぼ水平に横切る登山道を
歩く、泉ガ滝の分岐から吉田口6合目に上がろう
6合目には富士山安全指導センターが建ち、登山道や気象の情報などが得られる。

直ぐ上で西側から合流する下山道を見送って砂礫のスロープを登り、7合目を目指す、7合目からはぐっと傾斜を
増した岩尾根状、7合目最下段の花小屋から最上段の東洋館まで、5分〜10分おきに7軒もの山小屋が連続する
鎌岩館下には山梨県富士山7合目救護所があり、シーズン中は医師が常駐している。

東洋館上で標高3000メートルを越すと、いよいよ8合目だ
大きなジグザグを切って登る、4軒あまりの山小屋をへて須走口登山道を合わせると本8合目(標高3400メートル)
宿泊は7合目〜本8合目周辺の山小屋が一般的

未明に出発、ほん8合目からは富士登山で最もきつい
胸突八丁を迎える、砂礫や火山岩に足を取られながらの登高は、高度の影響もあって
体力を消耗するが、
八合五勺、御来光館をへて九合目

さらに露岩の急登をこなせば、山頂の鳥居が近づいてくる。鳥居をくぐった先に、久須志神社が建つ
吉田口、須走口山頂がある。

富士山頂部には、大内院あるいはお鉢と呼ぶ
直径600メートル、深さ200メートルの大噴火口が口を開け、お鉢を隔てた対岸に最高点の剣ヶ峰がある
吉田口山頂からお鉢を左にまわって剣ヶ峰を目指そう、切れ落ちた路肩に注意して伊豆ガ岳、成就ガ岳を巻き
銀水明からわずかに上がると富士宮口山頂だ、浅間大神社奥宮や富士山頂郵便局が建ちにぎわっている
さらに進んで馬の背の急登を登り切れば、気象庁富士山観測所が建つ日本最高点、剣ガ峰だ。

吉田口、須走口の下山道は、久須神社から山小屋の間を抜けた大日岳との鞍部から始まる、ブルトーザー道を下って
本八合目をかすめ、須走口、吉田口の各下山道が分岐する
吉田口の下山道はここで左折、江戸屋の軒下を通って続くが、この分岐を見過ごして須走口方面へ下ってしまう
登山者も後を絶たない

飽きるほどの長い下りの末、左に富士山公衆トイレを見ると、下山道は左へと向きを変える
落石除けのシエルターをくぐり、吉田口六合目に出会えば、あとは往路を富士山五合目バス停へとたどるだけだ。
富士山 (ルートマップ)


アクセス
往復=富士急行線河口湖駅から富士急バスで富士山五合目まで55分。帰りも同じ、新宿駅西口から富士山五合目
まで高速バスの運行もある
車の場合は中央自動車道河口湖IC、または東富士五湖道路富士吉田ICから富士スバルラインの終点、富士山五合目
五合目に大駐車場あり、なお富士スバルラインは例年8月中旬、連続10日ほどマイカー規制が実施される、この間
マイカーは山麓の駐車場に停め、タクシー、バスに乗り換えて五合目に行く

コースタイム
第1日=富士山五合目〜40分〜吉田口六合目、富士山安全指導センター〜1時間〜山梨県富士山七合目救護所〜2時間〜
本八合目
第2日=本八合目〜1時間20分〜吉田口山頂、久須志神社〜40分〜須走口八合目、江戸屋分岐〜2時間〜吉田口六合目〜
35分〜富士山五合目

問い合わせ先
交通=富士急山梨バス吉田営業所 0555-22-7131 / 中央高速バス予約センター 03-5376-2222 0555-72-5111 /
案内=富士吉田市富士山課 0555-22-1111
至仏山 バーベキューの豆知識
ハローアウトドア〜MENU
キャンプ場でのマナー キャンプ用品の豆知識 バーベキューの豆知識 アウトドアの豆知識
バックパッキング バックパッキングの地図 アウトドア用品は防災用品 フィールドの天気を予測
メンテナンスと保管 衣(衣類や履物) 食(食べ物を考える) 住(テントやタープ)
病気とケガ 天候と災害 ケガと薬 出発前の準備(メモ帳)
キャンプ場のマナー集 キャンプの疑問Q&A 伊勢海老釣り キャンプ用語の基礎知識
ボーイスカウトリンク ガールスカウトリンク OUTDOOR WEBRING what’s new!
アウトドアサーチ 全国のキャンプ施設 outdoor ring
[サイトマップ] [サイトマップ2]

 copyright (c) 2007-2008 ikushi yamashima